「犬の歯がグラグラして抜けそう!→放置して自然に抜けた」レポ

image

9歳の時、歯が一つグラグラしてきて3ヶ月半ほどで抜けました。

我が家はかかりつけ医に相談の上、毎日確認しながら抜けるのを待つことにしました。

グラグラ発見から抜けるまで

歯がグラグラしているのを見つけたのは歯磨きの時です。

すぐに動物病院で診てもらいました。
獣医さんによれば、

  • 基本的には、様子見で自然に抜けるのを待ちましょう
  • 気にし出してきたりしたら、抜いてあげた方が良い

病院で抜歯する場合は麻酔をかけて行うそう。麻酔は身体に負担をかけることになるので、今回は様子見を選択。

  • 食事は普段と同じにする(柔らかいものなどに変更しなくてOK。ガリっと噛んだ時に抜けることもある)

とのこと。

カリカリのフードで大丈夫と言われたものの、食べにくそうにしていたので少しふやかしてあげていました。

そこからようやく抜けたのが3ヶ月半後!!!

歯が抜けそうなプードル

結構長くかかりました…笑

いつもの寝床に転がっているのを発見。笑

image
飲み込む場合もあるとのこと。

抜けた後は食欲増加〜笑

歯茎の出血もほとんどなく、なんだかスッキリしたようでした^^

あんなに食べにくかったごはんも、バリバリ食べられるようになって嬉しそうでした!

image
歯があったところはプニプニになっています。

噛みにくくならないの?と心配しましたが、獣医さん曰く「犬は究極歯が無くなっても食べることはできます」とのこと。

特に支障なく生活できています。

課題も分かりました…

驚いたことに歯自体は小さく、大部分を占めていたのは歯石でした(TT)
ネットで調べてみると、歯石が原因で歯周病が発生し進行することで歯が揺れてきたようです。。。

image
歯石大きくなりすぎ!驚

獣医さんによれば、老犬になるにつれて今後増えてくるとのこと。

「年齢にしては歯が綺麗です」と言っていただけたのは良かったのですが、、、

まだまだ歯石がついている歯もたくさんあるので、これ以上歯石がつかないように歯磨きを頑張りたいと思います…

ティー坊

情報をお探しのご家族の参考になれば幸いです〜

SHARE!
  • URLをコピーしました!

About us!

関西在住のトイプードル(10歳)。ビビりで甘えん坊なティー坊&神経質でこだわり強めなミト子さんです。個性の違う2頭のQOL向上を日々試行錯誤しています。

目次